怒涛の数日間

  • 2018.10.18 Thursday
  • 15:46
やっと体調が回復してきた…いつもの事だが。演奏の疲れでもなく、きっと数日間の集中したスケジュールのせいだと思う。

10月13日 土曜日

7時〜 8時〜 ウクレレジャズLive
秋田市 Yuki’s Hookah Barにて 2ステージ

これは、とっても楽しかった!師匠の伴奏のサポート頂き、自分の中でも「良かったあ〜」
後になって更にじわじわと、そう感じるLiveの時間だった。









1時間前にはお店に入って撮ってみた数枚。うわー、しっかりアナウンスが準備されてる♪


スタート時間までにお客様が入ってくださり、いい感じのサイズ感。お仕事終わりで少し遅れて入ってきて下さったお客様には近い場所にお席を設けたが、これも狭すぎずイイ感じだった。




有り難いプレゼント







えー、ウクレレスタンドまで。これは嬉しい(^^)

おかげで二本ウクレレを立てる事が出来た。

思っていた以上に、お店の雰囲気が良く。そこに素敵なお客様が集って、温かいちょっぴり上品な感じのウクレレでのジャズLiveになったような気がしている。
いや〜 良かった笑っ

自分でそう感じれた事が嬉しい♪

皆さまに感謝。来て下さった方々だけではなく、ここまで私のいろんな事をサポートして下さった方々に感謝。心からそう感じている。

このLiveのために、正直かなりの時間の練習量は費やしている。しかしながら、自分の足りない部分が見えて、それを知る事が出来て、それをクリアできるように次のステージに向かいたいと思う次第。

会場全体で「楽しかったー」とのお声を頂き、今年の集大成は無事に終了。


翌日の日曜は、朝から恒例のフリマ。ちょっと上質なアップマーケット。
早朝に荷造りして、向かった先はアトリオン。なんと291人のご来場者。凄いものである。「お久しぶりです」顔見知りのお客様が差し入れを持って来て下さった。「いつも有難うございますー」とケーキや冷たいジュースや…。「会えるだけでも嬉しいから」そんなお声がけまで。
これも交流の場になっているのだから無理をしても行かねばならない笑っ

もちろん素敵なコートやストールをゲットして、、。笑笑 疲れたものの楽しい時間だった。

その夜。某ギタリストのLive。行き着いた…もはや演奏を聴く頑張りはなかったかもしれない。素晴らしいパーカションのリズムに眠くなるばかり。さすがにお誘いを頂いた打ち上げは失礼して足早に帰宅した。


それから少々ウクレレ練習、確認程度…で就寝。
なんと翌日の月曜には恒例のグランドゴルフ会。ゲームに参加して、その後の懇親会の余興ではウクレレ演奏♪

これも恒例イベント。もちろん行くし演奏もするお約束。あれー、何を着ようか?スティック何処??バタバタと準備して朝の7時過ぎには家を出たのだった。

ジャズLiveとは違う選曲。こちらは演歌(^^) どちらも楽しい? 本当にどちらも楽しいのである。






4人1組で4コースを。秋晴れ、グランドゴルフ日和。人の多い事。あれ?平日よね??
そんな元気なお年寄りになりたーい。いつもそう思う。



ゲーム後に頂いたお食事がとーっても美味しかった。あまりにバタバタしていたせいか、ゆっくり完食してしまった。

その後のイズミーズのウクレレ演奏♪これも過去最大の盛り上がり笑っ ジャズLiveも楽しかったが、こちらも違う楽しさで終了♪

飛び入りの歌い手さんが、また上手い







おかげで、秋の一日を堪能させて頂き本当に有難うございました。

そして、なんとその夜もLive。こんな事ってあり得ない… そうは思ったが、倒れる寸前まで動いてるイメージだった。

もういいや!これで怒涛の数日間も終了、そう思った瞬間に変にリラックスしてしまった。そのせいでミュージシャンの皆様と打ちあげまでご一緒してー。



何を話したかも覚えていないが、、なんだか音楽で癒された感はあった。きっとLiveって、その時間に「楽しかった〜、演奏良かったね〜、素敵だったねえ〜」それが良いのだろう。

自分でも頑張ってプロの素晴らしいLiveに足を運ぶ事があるのだから、私のような素人のLiveに来てくださる事がどれほど有り難いかを心から感じてしまうのである。

その後は母の用事と仕事に追われて、やっとやっと今日は体調が落ち着いてきた。

偶然会った友人に「この年齢でそんな動いてる事が信じられないよー」と感心?呆れ?られた苦笑

ご心配をおかけしてますが、自分でも動ける事に驚いている。

ただ思う事がある。頑張って聞きに行くLiveだとしても、やはりプロのLiveから学んでる事はある。プロだけではないアマチュアの方々の演奏からも、足を運んだ分 何か吸収できてることはある。今回のジャズLive & 余興演奏を終えて、それは感じている。

自分が演奏することになってから、Liveやコンサートの見方は変わっているんだろうなあ。

不思議な事に、ジャズLiveの会場で次の演奏のご依頼が。年内もう少し演奏の機会はありそう。無理せず…これを基本に?

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM