今朝、そよ風が山形へ

  • 2014.10.23 Thursday
  • 16:42
一日滞在を延ばした、スウェーデンから吹いたそよ風は今朝、山形へ向かった! 結局、一週間の滞在?!我が家には4泊だったが。我が家のステイを気に入ってくれた様子、ここにいるとconfortableゆっくりする〜そんな事を言っていた。楽しい時間を過ごす事ができて良かったと思う。早起きが苦手と言っていたが、それでもしっかり朝食を食べ、お礼の手紙を残していった。朝食といっても、今朝はお弁当用に作った炒飯と昨夜の残ったシチューを少し、それに彼女用に紅茶を。一度は外で食事をしようかと考えていたが、とにかく大人だけの・それも基本・行動がバラバラの家族、時間を合わせて外での食事は今は難しい状況。仕事で忙しいメンバーもいるし、あまりお互いに気にしないで行動するメンバーもいる、これも考えようによってはいのかもしれないのだが。私に対しても、勝手にどうぞお世話をしてくださいって感じである、Have fun!と(~_~;) そんな訳で、どこかのレストランに連れていってあげる事もなく、昨夜は家にある野菜をたっぷりいれてシチューにした。それにレタスとパプリカのサラダ、トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ。何か足りないような気がして、冷凍の餃子を焼いた(笑) 洋風と中華と混ざってるよ、と話すと喜んでいた(笑) ここの食事はヘルシーでいい、日本の外食は砂糖が多いような気がするからとの素敵なコメント☆ 私のお料理は、料理も適当である(笑)が、色合いだけは気にして出すようにしている。朝食はお決まりのワンプレート、でも、毎朝ちょっとずつ違うようには工夫している。たくさんのレシピもないし、料理上手とは言えないと思うが、それでも美味しいと喜んでもらえると嬉しい気がする。少しの気遣いはもちろんあるが、家族の食事はいつもある、だから特別な料理を提供したわけでもない(*'▽')
昨日は、朝から洗濯機の故障でバタバタと、その上、何時に仕事に来るのか?と面倒な連絡が。それを聞いていた彼女は、「とっても忙しそうです、私は散歩にいきます」と地図を広げている。でも、方向オンチの私が説明しても面倒な事に、とりあえず駅まで送り自由にしてもらう事にした。afteroonには帰ります、と言ったものの連絡がない。大人だから心配する必要もないが少し暗くなってきたら心配になり電話をしてみた、が、応答なし。外食は諦め、仕事帰りに食料品を買いにスーパーに、ちょうど出たところで電話がなった。「帰ってくる?じゃあ、駅に迎えに行くね!」。こんな些細な事ができるようになった。数年前は異国の人と電話で話すなど考えもしなかった、だが、しっかり約束をして迎えに行く事ができるようになった!最初の日も、何時に来るかさえわからなかったが、一時間前にメールがきた。「では、駅の改札口の前で待ってます。」そんなメールを返して、しっかり会う事ができた!堪能な方にはわからないかもしれないが、自分にとっては驚くべきことなのであるヽ(^。^)ノ 今回の経験でもわかったのだが、すべてわかるわけではない、でも大事なポイントは間違わないで出来ているようだ、大事なポイントは何度も確かめる、何度も。だから、こんな私でも海外の方から必要とされるのではないか、そんな風に感じた。
彼女のホームタウン、ホームアイランドはゴッドランドという島。とっても美しい場所らしい。私の食事の提供のお礼にと、その島のベリージャムをプレゼントしてくれた。私からは友人作の着物の生地で作ったバッグ、それに風呂敷、大学のフリマ用に準備した浮世絵柄のお銚子とぐい飲みセットを。これはしっかり彼女用に1セットよせてあった(笑) 「泊めてもらってお土産まで、、」と恐縮していたが、フリマ活動の一環、楽しいお土産交換会だった(^_-)-☆ 良かった、よかった☆
昨日から使用できずにいた洗濯機の故障原因が分かった! バスマットを洗濯したのが原因、水を含んで重すぎてドラムがまわらなくなったらしい"(-""-)" 今、担当業者さんが帰り、やっと普通の生活に戻ることができそう。。
The journey is going well and the mountains were very beautiful ! とメールが届いた。今日は旅日和、電車からの景色はキレイだったと思う。新庄で友人に会い、福島での全日本居合道選手権?!そんな大きな大会を観に行く予定だそうな。そこでまた私がここで会った方々と合流するらしい。その後は九州をまわってスウェーデンに帰国する。海外からの方向けにトレインパスという二週間乗り放題のパスの存在があるのを初めて知った。京都、奈良、平泉、秋田・・・と日本を満喫、四国も九州も行った事のない私は羨ましく感じる。今年は昨年よりも円安の影響で海外からのビジターの数がかなり増えたとニュースで流れていた。このようなパスは非常に有効であろう。いずれ、我が家に訪れる若者たちは上手に旅をしている。いつかゴッドランドという美しい島に行ってみたいと思う。人と人の小さなつながりが、世界のどこかにつながっていく、この感覚はとっても楽しいものであると私は感じている。別れる時は、皆サラッとしている(笑) Thank you for everything! バイバイ。って感じで(笑)  こんな感じでいいのだろうと思う(笑) 今朝は秋晴れ、街の中でも紅葉がきれいである、朝陽を浴びてブロンドの長い髪がとってもきれいだった、スタイルの良い彼女は巨大なザックを背負って足早に駅に向かっていった。これもプラクティス、居合道の練習だと(笑)たくましい!!(#^.^#)

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM